スピード 完全ガイド: 基本ルール、テクニック一覧

目次

基本ルール解説

スピードとは

戦略性運要素難易度
少し少し簡単

トランプのスピードとは、場に出されたカードに続く数字を相手よりも素早く出し合うストップ系トランプゲームです。

必要なカード枚数とプレイ人数

必要なカード枚数ジョーカーを含まない52枚
プレイ人数2人
プレイ時間20分程度
おすすめの年齢6歳〜

ゲームの目的・勝利条件

プレイヤーは手札をすべて使い切ることを目指します。最初に手札を使い切ったプレイヤーが勝者となります。

カードの出せる順序

2枚の台札のどちらかに、自身の場札と数字の上下いずれかが続くカードがあれば、重ねることができます。

相手に割り込まれないように素早く出しましょう。

遊び方の手順

STEP
カードの配布

全てのカードを、黒と赤で2つに分けてお互いの手札にします。

手札は裏向きに置いておき、それぞれ上から4枚を表に並べて最初の場札とします。

トランプのスピード初期配置
STEP
ゲーム開始

「せーの」「スピード」などの掛け声でゲームを開始します。

プレイヤーはそれぞれ1枚のカードを手札から引き、台札として中央に出します。

掛け声と共に、手札から台札の場所にカードを置く
STEP
カードを重ねていく

2枚ある台札のどちらかに、自身の場札と数字の上下いずれかが続くカードがあれば、素早く重ねていきます。別の色でも重ねることができます。

自分の場札が減ったら、その分手札から補充します。

STEP
お互いにカードが置けなくなったら

どちらのプレイヤーもカードを重ねることができなくなった場合は、再び掛け声とともにそれぞれ1枚のカードを手札から引き、表向きに出して新たな台札とします。

STEP
ゲーム勝利

そして先に手札と場札をすべて使い切ったプレイヤーの勝利となります。

ルールのバリエーション

基本的なルールの他に、様々な遊び方を紹介します。

KとAを連番として扱う

台札にK(キング)があれば、Q(クイーン)以外にA(エース)を出すことができます。

台札にAがあれば、2以外にKを出すことができます。

ジョーカーを使用する

お互いの手札にジョーカーを1枚ずつ含めます。

場札となったジョーカーは台札の数字にかかわらず重ねることができ、台札となったジョーカーは元々の持ち主のみが好きなカードを重ねることができます。

台札と同じ数字を置ける

台札にあるカードの数字と連番のカード以外に、同じ数字を置けます。

同時に複数枚出す

場札に同じ数字があったら、重ねて同時に台札に置けます。

コツとテクニック

紙製がおすすめ

プラスチック製のトランプだと、滑って遊びづらいため、紙製のトランプがおすすめです。

相手の場札を見る

相手の手札を見て、相手がカードを出せなくなるように立ち回るのがおすすめです。

よくある質問と回答

スピードで使うカードの数は?

スピードでは52枚のトランプカードを使用します。通常はジョーカーを使用しません。

スピードの勝利条件は何ですか?

最初に手札をすべて使い切ったプレイヤーが勝者となります。

スピードでカードを出す際のルールは?

プレイヤーは中央の台札に、そのカードの一つ上または一つ下の数値のカードを出すことができます(例:プレイ山に「5」がある場合、「4」または「6」を出すことができます)。

スピードの掛け声は?

「せーの」「スピード」「1・2・3」など、地域やグループによって様々な掛け声があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

トランプ大好きな編集者。
好きな遊びは大富豪とスピード。

コメント

コメントする

four × one =

目次